Super Formula 開幕戦決勝 桜咲いた(2)

午後は雨の予報だったSuper Formula開幕戦。スマホに入れているサーキットライブウェザーでは決勝に向けてのコースインラップから2時間後に0.1mmの弱い雨、つまり決勝中盤以降に雨が降り出す予報でした。とりあえず決勝スタートはドライコンディションで迎えられそうだけど、チェッカー前には雨が降っているだろうという予報。

しかし、意外と西の空は明るかった。1コーナースタンドから見ていると西の方には御殿場市街に向かって暗い雲があるにはあるのだが、そのさらに西側は明るい曇り空。いつ降るのか、はたまた降らないのか。微妙のあ雰囲気での決勝レースは、1コーナーのバトルは随所でみられて面白かった。200秒使えるオーバーテイクシステムも良い。終わってみれば表彰台の顔ぶれは予選順なのだが、スタートからこのままの順位だったわけではなく、バトルとピット戦略の結果元に戻ったと言う方が正しい。
結果的には残り10周強のところで霧雨のような雨はあったけど、濡れるほどの雨は降らなかった。ただ、路面が冷えてピットストップを遅らせたドライバーほどアウトラップから次の周までが厳しそうだった。平川はそれが無ければ表彰台に届いたんじゃないだろうか。

P211570138.jpg

P211570171.jpg

P211570136.jpg

予選Q1敗退の山本も、ドライにかけたピット作戦だったけど、作業のタイムロスがありながら、6位まで挽回してきた。

P211570166.jpg

惜しくもポイント獲得ならずも、最後尾から一時は一桁順位まで追い上げてきた山下も魅せてくれた。

この記事へのコメント