白新線で飯豊山地を入れてみる

撮影の最後は、白新線の佐々木-西新発田間の直線に行きました。実は、新潟近郊に来るたびに足を運んでいる場所ですが。

「いなほ10号」を中心に撮りましたが、雪が残る飯豊山地が綺麗に見えたので、望遠レンズで山を大きく入れてみました。ただ、山の稜線の一番高い所を入れようとすると、車両が左下に偏ってしまうのがどうにもできませんでした。

画像


画像


右側の民家は仕方ないけれど、この場所は線路の左奥が郊外店が並んでいる場所なので、結構背景処理が大変でした。それ以上に、午後になってから風が強くなって、構図が全然安定しないので苦労させられました。ここまで換算約200mmで撮っていますが、後追いですが換算100mmで普通に撮ってみました。

画像


やる前から分かっていることですが、山があんまり目立たない。

撮影地到着後には「いなほ7号」が走ってきたので、こちらは逆光を承知で撮影しました。

画像


グレードアップ編成の「いなほ」を順光で撮ったことが無いので、そのうち羽越線方面に足を運んで撮りたいところです。

"白新線で飯豊山地を入れてみる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント