テーマ:交通

JR東日本ローカル線と客単価と1本辺り乗車人数

以前から予告されていた通り、JR東日本が輸送密度2000人以下のローカル区間の収支を発表したので、JR西日本でやったような客単価の計算と、平日列車キロから列車辺りの乗車人数を計算してみた。対象はやっぱりコロナ禍で減っているのは当然なので、2019年度の方にしている。 営業費用も計算しているけど、ブログの幅があんまり広くないので収入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特急列車はローカル線の重荷なのか

JR西日本が輸送密度2000人未満のローカル線の区間別収支を発表したのを受けて、twitterなどでは山陰本線出雲市-益田間の営業費用が高いことから、特急列車の運行費用がかさんでどうこうというのが目につきます。しかし、公表された区間別の中ではここが一番営業キロが長い(2位の山陰線益田-長門市や3位の小浜線の約1.5倍)もある上に、合併前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR西日本の客単価計算で遊ぶ

輸送密度を本当に分かって書いているのか、大きな疑問を持たざるを得ないこの記事に触発されて、JR西日本の運賃単価を計算して遊んでみた。 途中に出てくる「データで見るJR西日本」に掲載されている各路線/区間の輸送密度表には、路線単位の旅客運輸収入も掲載されています。営業キロ、輸送密度のデータと合わせると、旅客1人1km辺りの収入が計算…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

智頭急行の有効長

仮にスーパーはくとを出雲市まで延長して、山陰-関西のメインルートにした場合の懸念の一つは、最大6連に制約されること。 しかし、実際に智頭急行を乗れば分かるのだけど、たいていの退避可能駅の有効長は結構長い。ピンク色にして有名になった恋山形駅なんて、6連どころか10連以上でも離合できそうなくらいに構内が長い。既存駅と共同の佐用駅は当然…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

伯備線 VS 智頭急行&山口線

Twitterで色々書いたので、やくもの新車がこれ以上遅くなったらどうなるか。スーパーはくとと比べてみる。 JR西日本在来線特急の所要時間は現代の遅い特急ではなく速かった2003年のダイヤで比べる。やくもの岡山-米子は倉敷、備中高梁、新見停車のスーパーやくもが下り2時間00分、上り1時間58分が最速。今では想像もつかないが2時間切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月改正、やくも+のぞみはまた遅くなったか

東海道新幹線の全N700系化によるスピードアップとのぞみ大増発が話題の3月改正ですが、東海道新幹線とそれにつながる山陽新幹線のダイヤが変われば、新幹線接続を主任務とする在来線特急も大きく変わるはず。 しかし、時刻表の改正号を買ってきてみれば、伯備線のダイヤはほぼ改正前のまんま。手抜きもいいところです。 これによって何が起こってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首都圏と関西圏への行先指向比較

twitterでの北陸地方の関西指向とか東京指向とかいうネタがあったので、幹線旅客純流動調査の数字を並べてみる。 近距離の場合の乗用車のデータは信用できない点があるので、公共交通だけに限定することとして、データは2015年の幹線旅客純流動調査の「居住地-旅行先」純流動表(年間)で、公共交通だけによる流動量を比較してみる。首都圏は東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幹線航空路の旅客数推移

暇だったので、首都圏-関西、福岡、新千歳の航空旅客数推移をグラフにしてみた。 成田-伊丹を除く成田線は2011年以降はほぼLCCの寄与とみていい。その前からレガシーキャリアの成田便は存在するけど、旅客数としては微々たるもの。LCCで3区間とも客が増えているけど、レガシーキャリアの方も減っているわけではない。羽田-神戸線は当初はJA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェリー姉妹船とのすれ違い

GWの北海道旅行は、期間が長くて荷物が多いことと、自分の車で走りたかったことから、フェリーで往復しました。 とは言え、同じフェリーで往復はおもしろくないのと、日程との兼ね合いで、舞鶴→小樽、苫小牧→名古屋と、新日本海フェリーと太平洋フェリーで往復しました。新日本海フェリーは当該航路は初めて(これで乗ってないのは敦賀-苫小牧東のみ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR九州地方都市圏の本数

ついでに、県都クラスの都市圏輸送がどれだけ国鉄時代より不便になったか、昭和61年11月改正と平成30年3月改正での普通・快速列車の数を数えてみた。快速は都市間快速が通過するだけなのは省いた。(シーサイドライナーの一部など) でも、めんどくさいので、到着側だけ数えることにする。 熊本駅着 鹿児島本線下り(大牟田発) 19本 → …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR九州の減便

JR九州ダイヤ改正の減便で、JRになって便利になるというのはうそだったってのが、twitterでしょっちゅう流れてくるので、じゃあ実際どうなのよ。と、暇つぶしに数えてみた。 昭和61年11月改正のダイヤで分割民営化しているので、昭和62年4月号との間でJR九州ローカル線や幹線の県境越えの普通列車の本数を比べてみた。地方交通線でも県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道発着フェリーの旅客輸送実績

Twitterで秋田港のクルーズ船専用列車に絡んで、新日本海フェリーアクセス列車のネタがあった。で、需要考えたらどうなのよと言ったのだが、考えてみれば、数値を出せていない。 これでは、統計データで他人を煙に巻くことに無上の喜びを感じる私のプライドが許さない。てなわけで、北海道航路の輸送実績を各港の港湾統計から拾ってみた。 苫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎新幹線の記事

この人の記事のネタで遊ぶのはよくあるが、ここまでくると、誰かにフル規格へ誘導する記事を書いてくれと頼まれているのか?としか思えない。 そもそも、長崎新幹線が標準軌に変更されたのがいつのことなのか。そこに言及がない。長崎新幹線が嬉野経由+在来線活用案になったのは1990年代初めのことであって、当時フリゲは影も形もないのはつい最近も書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西九州新幹線に思う

フリーゲージを事実上の断念に近い形になり、また全線フル規格化が持ち上がっている西九州新幹線だけど、少なくとも、佐賀県のごね得を許す形のフル規格化には断固反対。 私自身は整備5線なんてとっとと全線開業させて、基本計画線に着手すべきと考えているので、なおさら、今のスキームを事実上反故にする形での建設には納得できない。整備5線より採算性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日交山陰特急バス再び

大阪から由志園その他への観光の往復は、当然のように日本交通山陰特急バスを使いました。 とは言え、土曜日朝の山陰行きとなると悪名高い中国縦貫道宝塚TN渋滞が心配です。ましてや大型連休初日です。ここで目を付けたのが三宮発米子行きの便です。どこを通るにせよ宝塚TNより西で中国縦貫道に入るはず。ということで、大阪駅8:00発の新快速で三宮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のぞみの降雪徐行と回復運転

今日は強い寒波のために東海道新幹線沿線も雪。 とは言え、昨日までの関西での仕事が終わり、今日は帰宅日なので乗らないわけにはいかない。それに早得21で買ってるから変更すると高くなるし。 なにはさておき、新大阪でのぞみに乗り込みました。遅れが最初から分かっている。ということはその後は回復運転があるはず。降雪による徐行の後、どの程…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの日交特急バス

大阪から大山への往復には、子供の頃の関西旅行ではよく乗っていた日交特急バスに乗りました。 鳥取や倉吉からなら国鉄の特急列車より速かったし。ただ、米子からはさすがにやくも+ひかりの方が速かったし、往復割引切符が使えたので、米子便は乗ったことがない。故郷の位置の影響で、鳥取経由、米子経由どっちも選択対象になったのだ。 さすがに関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三江線代替バスの基礎資料

twitterの方でリンクを張りまくっていたけど、三江線沿線の流動やバスに関する資料を備忘録変わりに置いておこう。 まずは、島根県商工会連合会の、商勢圏や生活圏流動に関する報告書。このうち重要なのは、商圏マップと生活圏マップの石見部のマップ。 三次市の方は公式サイトに日常生活圏に関する報告書がある。 この地域のバス路線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道各線の営業費のkm単価

twitter等では騒ぎと言っていいくらいの話題になっているJR北海道の区間ごとの営業収支ですが、せっかく、営業損益(損失)と営業係数が出ているのですから、1kmあたりの営業費用を計算してみました。なお、管理費は抜いています。 本当は、普通列車の本数から列車キロをだして、列車キロ当たりの単価の方がより現実的な数字になって面白そうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR特急所要時間推移

JR転換後の特急の高速化と、JR西日本のゆとりダイヤとか、今のJR北海道のスピードダウンとか。 実際どうなっているのかを昔、JR転換後のスピードアップをまとめた表に追加してみた。実はJR転換15年間での在来線特急の所要時間比較が元ネタだったので、当時の特急の運転区間が基本になっています。このとき対象とした区間は実際の列車の走行区間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東九州新幹線のルートで遊ぶ

朝日新聞と、大分合同新聞の記事に、野村総研に1000万円で委託した東九州新幹線の試算記事があったので遊んでみた。 しかし、新幹線の距離を在来線の距離を使い、表定速度180km/hで試算して、云々に1000万円もかかるのか?ってのがなぁ。 とりあえず、小倉-大分 44分、博多-大分 60分、小倉-宮崎 1時間53分、大分-鹿児…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中核市の(昭和の市域の)人口を並べてみる

Twitterで東九州新幹線をネタにしていて、大分市の人口増加に驚いたので、ちょっと人口を調べてみました。 以前、平成の大合併前、1987年の整備新幹線沿線都市の人口を並べたことがありますが、その後の大合併で市域が極端に広がっていて、そのままの比較はあんまり面白くない。 ということで、各市の公式サイトの統計情報などで、198…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国道123号改良中だったのか

Super GT最終戦での駐車場は北エリアにしました。S字コーナーに近いN5駐車場に止めたかったので。 ということで、水戸北スマートICから国道123号を北上しましたが、ずっと前から建設しているのを見ていた、急勾配のヘアピンを迂回する城里高架橋の供用が始まっていたんですね。まだ暫定中でぐるっと1周して元の国道123号に戻る線形にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道客単価を計算してみる

JR北海道の昨年度の決算が公開され、輸送密度500人以下の路線の状況も載っていました。 こういう数値を出されると数字で遊んでみたくなるのは私の悪い癖。 ということで、客単価を計算してみました。 路線名 区間 単価 留萌線 深川-留萌 14.2円/km/人 留萌線 留萌-増毛 21.0円/km/人 札沼線 医療…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田さくらの丘

先月東関道まで繋がった圏央道を初めて走るついでに、いつもの三里塚さくらの丘に行ってきました。成田さくらの山とどっちに行こうかと思いつつ、なんとなくさくらの丘に。今日は16Rからの離陸でちょうどよかった。 しかし、B777とB737、A330を中心に双発機ばっかりですね、今の成田は。3時間強の間に離陸した4発機はB747が貨物含めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NEXCO三社の7月収入

公益財団法人「高速道路調査会」の機関誌、高速道路と自動車の巻末には、1か月の高速道路の利用状況や収入が載っていて、最新号はいよいよ7月分のデータです。 7月と言えば高速道路割引大削減の完全実施の最初の月。既にして4月以降、総通行台数減少、でも収入は増加というのは見えていますが、7月はどの程度か見てみました。 NEXCO管轄の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道新幹線の需要地

Twitterで北海道新幹線は東京からだけじゃない。大宮とか宮城からだって多いと言う話でちょっと会話が進んだので、全国幹線旅客純流動調査から数値を拾ってみた。代表交通機関別流動の、出発地-目的地の全流動を5回分並べるとこんな感じ。 第5回, 道央着, 道央発 宮城, 321, 298 茨城, 118, 103 栃木, 46,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

R338の泊・白糠トンネルを走る

実は3ヶ月も前に開通していたのを知らなかった、というか、冬の間そっち方面に行かなかったので知らなかったのだけど、国道338号線の泊・白糠トンネルが開通していたんですね。 今日、たまたま尻屋崎方面(肝心の岬へ通じる道が冬期通行止めだったけど)に走って、開通しているのを知りました。 南側の取付道路はまだ未完成で、工事の時に作った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひがし北海道エクスプレスバスで移動

流氷観光では、紋別→網走と回りましたが、紋別から網走への移動では、冬季のみ運行されるひがし北海道エクスプレスバスに乗りました。 紋別から網走へは1号と5号の2つがありますが、紋別市内のホテルから直接乗れる5号で網走のおーろらターミナルに向かいました。 サロマ湖等の凍結した湖を眺めながらの行程なので、座席は当然左側に座…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥津軽駅利用についてつらつらと

昨日のtwitterで少し話題になった奥津軽駅について、つらつらと書いてみる。 何をどうしたところで、平均500人/日超の乗車人数を記録することはあるまい。というのは、極めて高い精度で言うことはできるだろう。とは言え、まるで利用者がいないというほどのこともあるまい。 観光地としては、めぼしいのは龍飛岬くらいで、その周辺の海岸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more