テーマ:JLMC

JLMCは今年限りと発表されたけれど

去年始まった全日本スポーツカー耐久選手権、別名、JAPAN LE MANS CHALLENGE (JLMC)は今年一杯で中止することがSEROから発表されました。別に新しくエントリーを立てるつもりは無かったのですが、ACOのWEBサイトを見ると、何やら表現が違います。 http://www.lemans.org/sport/spo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いっそLMP1にしてしまえば?

エントリー9台と、250km彼方まで見に行く気にはとてもなれないJLMC第2戦の予選が富士スピードウェイで行われました。ポールはLMP1の無限クラージュLC70ですが、そのタイムは1'31.613でした。一方今年5月のSuper GTの予選タイムは、TAKATA 童夢 NSXが1'33.066、宝山 TOM'S SC430が1'33.5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラネロGTの2004から2006

JLMC第2戦で連続総合優勝を果たした、一ツ山レーシングのフェラーリマラネロGTは、もともと2004年にJGTCでデビューしたマシンでしたが、FIA-GTと違って、コクピット前後のパイプフレーム化、サスペンション形式の変更可に、エンジン形式、搭載方向の自由化、トランクアクスル可など、「私脱ぐと凄いのよ」的な国産スーパーマシンに歯が立たず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CERJのお気に入りの車

JLMC決勝日の午前中は、CERJ(クラシック耐久レース)という、過去にルマンに出たマシンによる25分間の耐久レースで、大雑把に分けて、第二次大戦前のマシンと、大戦後のマシンの2レースが行われました。レーシングオン誌の5月号の記事では、むしろこっちがメインイベントと言ってもいいかもしれません。 ただ、個人的に戦前のマシンは、何だか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

プロトタイプのいなくなったJLMC第2戦

今年から始まった全日本スポーツカー耐久選手権、JLMCの第2戦がツインリンク茂木で行われました。茂木までは一般道で1時間かからないので、折角なので見に行きました。参加台数が少ないこと、各クラスの顔ぶれを見れば、レース展開はほとんど期待していませんでした。 途中、1時間経過後にはコレクションホールに行って展示を見てました。出走わずか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more