テーマ:植物

ロッコールレンズでスネイルフラワー

フラワーパークの温室で、スネイルフラワーをロッコール55mmと35mmF3.5マクロで撮り比べてみました。もちろんマクロの方がより寄れますから写し取る大きさは全然違います。画像をクリックするとオリジナル画像(約6MB)が開きます。 AUTO ROKKOR-PF 55mm F1.8 ZUIKO DIGITAL 35mm…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッコールレンズを持ってフラワーパークへ

E-510に付けたAUTO ROKKOR-PF 55mm F1.8のテストをしようかと思ったのですが、休日の今日に限って外は雨。どうしようかと思っていたら、石岡の茨城県フラワーパークでクリスマスローズ展をやっているということなので行ってみました。 建物内なのでさほどシャッター速度は稼げませんでしたが、1/40秒前後のシャッター速度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偕楽園の写真1

たいした写真ではありませんが、偕楽園で撮った写真です。 下界から好文邸を撮ってみました。 3535マクロで思いきり寄ってみました。E-510のライブビュー機能でアングルの自由度が増すのはいいですが、AFだと合わせている最中は真っ暗でどこに合っているか分からないですし、MFやフォーカスロックで撮っても、シャッタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステップダウンさせすぎのステレオ写真

ペンタックスのステレオアダプターと、ケンコーのバリミラージュを使った立体写真は、OlympusのED14-42 F3.5-5.6を58→52ステップダウンと、Dimage Z2にテレコン用アダプターで48→52にステップアップして装着していました。 ただ、出かけるときにもっとももっていくことが多い標準レンズは、Olympusの14…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県植物園でステレオ写真を試す

今日は雨、午後から用事がある。ということで、午前中は茨城県植物園に行ってきました。グリーンフェスティバルだそうで、入園料は無料(熱帯植物園はいつも通り)で、ベゴニア展を開催中でした。 左が平行法、右が交差法です。         被写体の花が小さく無理矢理近寄って撮ったから、背景が全然合ってなくて気持ち悪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステレオ写真@道端の植物

真岡鐵道の写真の合間にステレオアダプターを付けて撮った写真です。こういう被写体の方が立体感があって見栄えがしますね。 左が平行法、右が交差法です。       最後は道路にいたバッタ。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県植物園の食虫植物展

今日から茨城県植物園の熱帯植物園で、食虫植物展が始まるので、午後に見に行きました。残念ながらムシトリスミレの花が咲いていませんでした。 以下、適当に写真を並べます。 ハエトリグサ 見た目はこれが一番不気味かも。 モウセンゴケのアップ ミミカキグサ 小さい花のアップは、手持ちでは合焦位置を維持できま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

E-510を持って水戸市植物公園へ

3連休は基本的に天気が悪いので、土曜日は水戸市植物公園に出かけました。雨もそれほど酷くないですし。ライヴビュー撮影に本体内手ブレ補正とくれば、ある意味、植物園が最適な場所。ということで、3535マクロレンズを装着して出かけました。 レンズとしては5020マクロの方が評判はいいのですが、そっちは持ってません。(^^; ファインダー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

館山城に行ってみる

鉄道写真を撮る間の時間を使って、館山城に行ってみました。千葉県の天守閣(鉄筋コンクリート製の復元ですが)のある城は久留里城に続いて2つめです。 山城ですから坂を上っていきますが、上った先は海を一望できる場所でした。城の背景にも海が入ります。城ってたいては街中にありますから、街の全景とか周囲を囲む山くらいしか見えないのですが…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

茨城県植物園の食虫植物

近くにある茨城県植物園に行ってきました。もちろんこういう季節なので外は殺風景ですが、熱帯植物館は普通に見られます。そして、そういう所にはやっぱり食虫植物があるはずです。 残念ながら、それほどの数は無かったのですが、サラセニアとモウセンゴケ、フクロユキノシタにムシトリスミレ、全然違う場所にウツボカズラがありました。でも、やはり余り明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more