レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS 東名の渋滞恐るるに足りず

<<   作成日時 : 2007/11/25 17:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今年のTMSFでは富士スピードウェイに行くのに、新宿から公共交通を使ってみました。新宿までは自動車です。自宅から常磐道、首都高、東名高速経由で渋滞が無ければ3時間かかりません。日曜朝はほとんど渋滞しませんし、先日のLMCJでは大井松田での事故渋滞2kmでも3時間切りました。しかし問題は帰りの東名の渋滞、しかも快晴が3日続いた3連休の最終日です。

てなわけで常磐道を走って新宿三井ビル駐車場に車を置いて、新宿から小田急急行、新松田駅から臨時バスで行ってみることにしました。朝のフリー走行から見ている普段のレースと違って11時頃までに着けばいいので、その辺りの便を狙いました。新宿まで車で行った理由は8:11の電車に乗るのが大変だから。山手線の反対側に出るのは時間がかかるのです。

6時半頃に自宅を出て新宿へ行き、新宿発8:11の急行で新松田に行き、新松田発9:45の臨時バスに乗り込みました。バスは発車早々R246が渋滞で、結局到着は10:45になって、自宅から4時間15分かかりました。新宿からは2時間半です。納得行かないのが電車到着待ちで新松田を5分遅れて発車したこと。いや、電車を待つのはいいんです。しかし小田急のダイヤなんて分かっているんだから、それに合わせた設定にすればすむ話です。等間隔ダイヤもいいけど、30分に1本しか無いのだから、最初から電車との連携を考えるべきでしょう。

グランドスタンド裏に着くバスと、離れた場所の駐車場に止めることになる自動車の違いを考慮する必要がありますが、行きだけで車で行くより1時間は余計にかかる計算です。しかし問題は帰りです。帰りでどれだけ取り戻せるか。R246の松田方面は渋滞するのが分かってますから、御殿場行きのバス(所定25分)に乗り込みます。

バスの発車予定は16:00ですが満員の為に数分早発しました。バスを待っている間に手持ちのLOOX Uでネットに繋いで道路情報を見ると、この時点で東名は横浜町田ICの手前(大和トンネル?)から秦野中井ICの手前まで渋滞。15kmというあたりでしょうか。

バスは国道を渡る交差点の手前で延々と渋滞に嵌まり、結局御殿場駅到着は16:48になって、FSWから約50分かかりました。本当は43分発の電車に乗りたかったのに。そして、次の電車は夕方時間帯とは思えない17:37。この時点で新宿到着予定は19:37になるわけです。FSWから3時間37分。御殿場駅での待ち時間をさっ引いても2時間48分です。今回は御殿場駅で長時間待ちがありましたから、30分ほど割り引いて、所定25分のバスに余裕を見込んで3時間というあたりが公共交通によるFSW→新宿(東京都心部)間の所要時間でしょう。(これ、鈴鹿から帰ってくるのと大差無いような気がする)

東名の渋滞は17:00現在で大井松田までは達していないのですが、イベントだからこの時間帯なわけで、実際のレースでは御殿場駅、インター双方とも17:30あたりが目安にはなります。渋滞は30kmくらいでしょうかね。1.5時間は余計にかかるとして、駐車場から御殿場インターまで1時間はかかるとしても都心まで3.5時間。

一方で、FSWでバスを20分ほど待っていた(だからバスで座れた)のですから、結局自動車で東名の渋滞に嵌まるのと大差ありません。強いて言えば、素直に新松田行きのバスに乗っていればどうなったのか。という疑問はありますが、昔はR246で東京から往復していた経験や、最近もFNの帰りにR246の渋滞に嵌まって、反転180度、足柄峠行きをやったことがあるので、望み薄でしょうね。午前の行きに50分かかっているのだから、1時間以下ってことは無いでしょう。

帰りが結局東名で渋滞に嵌まるのと大差無いとするならば、行きの1時間もの時間差が効いてきます。つまりは、往復の合計で考えると自動車の方が速い。それに、今回は乗換になった相模大野−新百合ヶ丘間以外は全区間座れましたが、その前に駅で立って待っていたこと、場合によっては電車やバスで座れないことを考えると、渋滞する車で座っている方が楽ということも考慮の必要が出てきます。

小田急750円、新松田−FSWバス1200円、FSW−御殿場バス610円、御殿場−新宿1230円と新宿駐車料金2000円の合計5790円に対して、自動車だと高速料金通勤割引1850円×2、FSW駐車料金1000円、ガソリン代が1300円くらい×2で、合計7300円と安く上がっていることだけが救いですね。


これで心置きなく、次からは公共交通を眼中に入れず、自動車でFSWに行くことが出来ます。
それに、渋滞したら渋滞したで東名を避けて帰る道はいくつかありますし、1時間程度ならPC開いて失敗写真の整理をやっていれば時間車内で潰せるし。(笑)



(追加)
ニスモフェスティバルには、いつもどおり車で行きました。
帰りは、FSWの駐車場を16:40頃に出て、御殿場インターに入ったのが17:22でした。東名は海老名SA合流を先頭に渋滞20km(途中で25kmとかの表示に変わった)でした。渋滞に嵌った直後の中井PAでトイレ休憩(ちょっと買い物したので5分ちょいのロスかな?)を取って、首都高3号線渋谷ランプ付近を通過したのが19:23でしたから、FSWから渋谷通過まで2時間43分でした。ちょっと速めですかね。東名の渋滞もだらだらと動き続けてましたし。

東名20kmの渋滞で、御殿場線と小田急急行の乗継ぎとほぼ同じ所要時間になるわけですね。小田急特急は、あさぎりが1本ある他は、新松田に止まる特急がろくにないわけですから使い物になりませんし。


(さらに追加)
2008年フォーミュラ日本開幕戦では、表彰式を見て16:30過ぎにドリフトコースの駐車場を出発して、東名の渋滞25kmでも20時前(これ重要)に無事に常磐道の三郷料金所を通過できました。渋谷通過まではやはり2時間という所です。
電車だと16:43御殿場発に何かの間違いで乗れても、みらい平(谷和原IC−谷田部IC中間付近)に20:00着ですから、いい勝負か車の方が速いくらいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東名の渋滞恐るるに足りず レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる