レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS GPS用にXPortを入れてみた

<<   作成日時 : 2009/12/01 21:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

プレッソで使っているPC-GPSは、今はSuper Mapple Digitalをzlogというフリーソフトで制御していますが、この方法で唯一の不満は、zlogの走行ログ記録が5秒ごとになることです。

鉄道のログ採取に使っているVisual GPSは1秒ごとに記録できるのですが、こちらには地図を制御する機能はありませんし、一つのGPSレシーバーを2つのソフトで共用することは本来はできませんから、地図が必要な場合はzlogの5秒ごとのログで辛抱していました。

しかし、探してみるとあるものですね。XPortというフリーウェアを使うと、GPSが繋がっているポートを複数の仮想ポートに分割して共用できるようになります。ということでさっそく試してみました。

試用してみてからXPortのWEBサイトを良く読んで分かったことは、一度起動するとWindows起動時に自動起動して、そのまま常駐するようです。実はXPortには終了させるメニューなりボタンなりが無くてどうなっているのかと思ったのですが。ただ、バッテリー駆動時間に影響しなければいいのですが。

zlogとVisual GPSを同時使用して、ちょっと車を走らせてきましたが、確かに両方機能していました。ただ、zlogによるSMD操作が気持ち遅れ気味なのが気になったけれど。これは面倒なのでバッテリー駆動で使っていたせいかもしれない。


これで地図をナビとして使いつつ、ログも1秒単位で記録できるようになりました。ただ、ソフトを3つ起動するのが面倒と言えば面倒。と思っていたら、XPort自身にログを記録する機能があるみたい。ログ記録をチェックしているとGPSレシーバーが繋がっている間中ログを記録しているみたいでした。中を見てみるときちんと1秒ごとに記録されていましたし。となると、ナビ利用時にはVisual GPSを使う必要がないのかな。



ただ、プレッソ後継のオーリスRSでは、素直にnav-U75でも買うとか、Mapfan Naviiを使ってみるとか、そういうことを考えていないわけではないのだけれど。地図ソフトにしても、2年になるので、プロアトラスsv5に更新してみたいという気もしないでもないし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GPS用にXPortを入れてみた レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる