レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS 羽田−青森線からA300引退

<<   作成日時 : 2011/03/01 20:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

東奥日報を読んでいて初めて知ったのですが、2月28日をもって羽田−青森線からエアバスA300-600Rが引退したんですね。機種そのものが3月いっぱいで引退とか。

東奥日報では「燃費効率が良い小型機への切り替えの一環」と書いていますが、青森線の場合は東北新幹線全通に伴う需要の減少を見越した小型化ですね。代替機はB737-800とかMD-90ですから、定員は4割減ですし。

元々エアバス機を一機たりとも所有したことすらなかったJALにとって、JAS統合時に一緒にくっついてきたA300-600Rはある意味扱いに困る存在だったことは想像に難くありません。これにて再びJALからエアバス機が消えるわけです。ANAにしてもA320は減る一方ですから、日本の国内線のエアバス機は風前のともし火ですかねぇ。国際線だとスカイマークがA380購入なんて話はありますが。

画像

JAS時代のA300-600R

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
羽田−青森線からA300引退 レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる