レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS 早坂高原の旧道を走る

<<   作成日時 : 2011/05/14 22:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

龍泉洞へのドライブは、八戸自動車道を九戸ICで降りて国道340号線を走りますが、そのまま真っ直ぐ走ったのではつまらないので、国道281号、県道29号、県道7号と走って龍泉洞に向かいました。

この間の道路は特に県道29号線の峠越えは、対向車が来たらすれ違いに苦労しかねない狭い山道で、Zだと車幅が広すぎなのと、2速と3速行ったり来たりとガタガタの道で跳ねたりとか、ちょっと持て余し気味でした。ここはオーリスRSの方が向いていると思いました。

帰りは国道455線をちょっとだけ岩泉線に沿って走った後、340号線との重複区間を経て早坂高原経由で盛岡ICに抜けました。このルートは途中岩洞湖や外山ダムのダム湖に沿って走る気持ちのいいドライブが出来ました。その途中にある早坂高原は、晴れていたら立ち寄ってみようかと思ったのですが、あいにく曇っていたので、数年前に開通したばかりのトンネルを抜けて帰ることにしました。

しかし、トンネルを抜けたらそこは、被災地から帰る埼玉県警の警察車両の列。その後ろに続く数台の車。ということはそれほどペースが上がらないことが予想できる。ということで、引き返して早坂高原の旧道を走ることにしました。

画像


一度トンネルを抜けて折り返して旧道で岩泉方面に戻って、もう一度トンネルを抜けて盛岡方面へ走るというルートなので、トンネルを2回通っています。龍泉洞すら観光客が減っている状態で早坂高原への道路は対向車線も車の姿はありませんでした。道路には折れた枝が散乱していましたし。結果的に快適な走行が出来たのは幸いですけど。

道路自体は勾配がきついのはさておき、峠の西は比較的高速コーナー、東はヘアピンの連続で、峠の頂点を境にまるで性格が違っていて面白かった。

T-01Bの内蔵GPSだとだいぶ軌跡がはずれていますが、山の中を抜ける曲がりくねった道なのは分かりますし、なにより標高差が200m以上ある。そこをトンネル一直線ですから、随分と楽になったことでしょう。岩泉町から盛岡市への移動は、茂市へ大迂回する岩泉線+山田線など問題ではないのは、この先にもカーブが多い区間があるとは言っても、一目瞭然ですね。


しかし、後で地図を見て気がついたけれど、盛岡ICじゃなくて滝沢ICに出ればよかったかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
早坂高原の旧道を走る レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる