レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS オホーツク1号のGPSログを見る

<<   作成日時 : 2011/07/12 21:12   >>

トラックバック 1 / コメント 0

道東への旅行は、「はまなす」+「オホーツク1号」で網走に入る行程でした。

ということで恒例のGPSログを採取してみることにしました。予備バッテリーも用意して臨みましたが、合計10時間を越えるのでオホーツクは石北線内のみにしました。どうせ最速にはほど遠い函館線内なんて面白くもないし。

乗車したオホーツク1号の編成は
キハ183 1551、キハ182 29、キロハ182 3、キハ183 211
の4連でした。キ(ロ)ハ182は500psになっているはずなので編成出力は1750psのはずです。

画像


画像


画像


なお、運転停車はオホーツク4号を待った安国駅の一回です。

横軸の旭川からの距離は隣接計測点(1秒間隔)の緯度と経度から計算したもの、曲線半径はNMEA-0813フォーマットの進行方向と速度から簡易的に計算したものです。

1両700ps以上を誇る最新気動車には及ばないものの、25‰の常紋峠上りでも80km/hくらいは出ています。北見峠の方は曲線半径が300Rが延々と続いてグラフが真っ黒になるくらいなのが響いてスロー走行になっています。曲線が無いのに速度が落ちているのはもちろん駅通過時です。一線スルー化と最低限の軌道強化とキハ261系に置き換えれば70km/h以上で走り続けることはできそうではあり、札幌−北見4時間を切るのはそれほど難しくは無さそうな気はします。


石北本線高速化についてはこんな資料を見つけました。
一例に過ぎませんが、池北の方が石北の半額で済むとは言え、北見−札幌が池北で約4時間、石北で3時間34分と書かれてあり、石北を約4時間で忍べばどっちが安いかは何とも言えません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ここは酷い貨物駅不要論ですね
知事また貨物駅不要論 : 静岡 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20110711-OYT8T00835.htm ま〜た始まった なんでこんなに話がこじれたかというとJR駅独特の事情がある 県都やそれの準じるクラスの駅ってどういう構造になってるかというと 駅舎があって数本のホームがあるってのは普通の私鉄駅と同じだが さらには駅舎と反対側には貨物ターミナルがあったり... ...続きを見る
障害報告@webry
2011/07/13 10:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オホーツク1号のGPSログを見る レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる