レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS 七戸十和田駅の駐車場

<<   作成日時 : 2012/07/09 19:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先日、七戸十和田駅を利用した際に駐車場についての注意書きがあるのに気がつきました。

内容は簡単で、土日祝日には駐車場が満車になるので、公共交通機関利用や送迎による利用を呼びかけるものでした。駅の対応なので、当面はそうするしかないのは理解できるけれど、本質的な解決にはなっていません。

七戸十和田駅の乗車人数は2011年度で497人とそれほど多くはありませんが、一方で駐車場の収容力は676台しかありません。これまでの経験上では平日より土日祝日の方が駐車場が埋まっている印象がありますし、数日連続して駐車することも考えると、収容力に余裕がないのは想像がつきます。

なお新青森駅は2730人、八戸駅は2504人ですから、それぞれ奥羽線、八戸線の寄与をさっぴけば、駅周辺の人口の割に七戸十和田駅の集客力はそれほどバカにしたものでもないと思えます。

七戸十和田駅の駐車場は開業当初から無料(隣接の八戸や新青森は有料)なのが、県内に広く周知されたことが理由として挙げられていましたが、七戸十和田駅の広域利用、特に、下北半島方面からの利用を呼び込むには、何より駐車場の増設が最も求められることでしょう。

周辺の人口集積を考えれば、公共交通機関を使うのなら、八戸駅や新青森駅に出る方がよほど便利ですから(これは万が一南部縦貫鉄道が存続していてもたいして変わらないでしょう)。そもそも、公共交通機関と言ったところで七戸十和田駅へのバスの多くは土日祝日運休ですから、使えと言われても使いようがありませんし。

駐車場増設の際のネックの一つは、南口の駅前の面積の多くを新しく出来たイオンが占有してしまっていることです。これらをみても、既にして前例がたくさんあったにも拘わらず、パークアンドライドによる利用をどこまで考えていたのかと疑問に感じてしまいます。実際、駅の案内にもわざわざイオンの駐車場は使えないと書いていますが、逆に言えば、そうやって車を置いている人が多いということです。さらに道の駅もありますが、ここは新幹線着工が決まる前に設置されていたものなので、ある意味は仕方ないだろうなと思いつつ、新幹線の駅と無関係に立地が決まったかどうか。


地方は車社会だと言われ始めて何十年たつか知りませんが、同様に、新幹線の駅や空港も基本的には自動車で行くところでしょう。広域利用客数の想定が小さかったのか何かは知らないけど、やはり駐車場の増設が最優先だと思う。いつ行っても駐車場に空きがないという悪評が広まっては、七戸十和田駅利用にとって足枷にしかなりません。

道路の混雑で時間が読みにくくなる市街地ではなく、混雑の影響が小さい市街地から離れた所にある駅なのだから、それを最大限に生かす方策が求められると思う。というか、新幹線に乗るのに公共交通機関が必要な人や、八戸市や青森市の市街地に住んでいる人は八戸駅や新青森駅を使えばいいし、市街地から離れた人は、さほど便利ではない公共交通で市街地の駅に行くより、市街地を離れた駅に車で行く方が楽という人も多いでしょう。むろん、十和田市や七戸町からのバスが少ないってのは別の問題としてありますが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
七戸十和田駅の駐車場 レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる