レースとレールと、車に乗って

アクセスカウンタ

zoom RSS メルヘンラインでクラッチのテスト

<<   作成日時 : 2013/08/25 20:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ほぼ3年前に、初めてビーナスラインからメルヘンラインを走った時に、クラッチのストロークが突然無くなる症状に襲われたZ34。 http://cara-moe.at.webry.info/201008/article_24.html

その後も、標高が高い道を走ると再発するようになり、最後は、1300m程度の伊吹山でも起こるようになり、とりあえず、クラッチのエア抜きはしてもらって今に至ってます。その後は1600m級の道路は何度か走っていますが、ストロークがほとんど無くなるような症状は起こっていません。しかし、少しストロークが短くなるような感触はある。

6ヶ月点検に持っていくのを目前に、2000m級の道路での症状を確認したくて、3年ぶりにビーナスラインからメルヘンラインを走ってきました。ただ、天気は、山の上は霧というか雲の中で、10m先が辛うじて見える状態だった上に、雨も降っていたので、散策の類はせずに、美ヶ原で昼食を食べただけで帰ってきました。

今回は、霧ヶ峰からは白樺湖脇を通ってメルヘンラインに無事に抜けるルートを走りました。

画像


東部湯の丸インターから、佐久市のR141の交差点までの標高はこんな感じ。

画像


前回クラッチのストロークが抜けたメルヘンライン最高点付近は2100m超ですが、ストロークが少し短くなった感触はありましたが、今回はほぼ無事でした。ストロークは他のワインディングを走っている時でも短くなる感触があるので、やはり、クラッチのシリンダーか油圧系統の冷却が足りないのかなぁ?という感じです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メルヘンラインでクラッチのテスト レースとレールと、車に乗って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる