悪夢の上越撮影行

Super GT観戦の後は、長らく撮りに行きたいと思っていた「妙高」を撮影すべく、宿泊地の長野市へと車を走らせました。この時既に、水面下で悪夢が始まっていたとも知らず。

予約し(ていると思ってい)たホテルに到着してみると、何やらフロントの人が困っている。どいうことかと思っていると、何と予約を1日間違えていた。しかも聞いてみればこの日は満室(そりゃGWのど真ん中)。とりあえずフロントの人に相談して近くのビジネスホテルが載っているパンフを見せてもらい、電話すること4か所目。頭の中で帰ると何時間かかるか計算を始めた頃、たまたまキャンセルで1室空いたというホテルがあり、何とか、寝倉を確保出来ました。予定より2000円高いですがそんなの気にしてられません。

ネット予約をするようになって数年、初めての大ボケです。

さて、今日、撮影場所の信越本線春日山-高田間に移動します。
GWには妙高の直前に、臨時の妙高ミズバショウ号に、115系とおぼしき臨時快速が走るので効率的なのです。更に後追いながら、妙高とくびき野も走るので、40分ほどの間にオールスターがそろいます。

てなわけで撮影開始。

まずは後追いで妙高から始めました。最初は順調です。

画像
妙高 後追い


画像

NO.DO.KA.使用の妙高ミズバショウ号


画像

115系 臨時快速



ここで115系の側面が若干影になっているので、カーブの向こう側の直線に移動することにしました。こっちの方がより側面に陽が当たる。これが運の尽きでした。(;_;) 時間が余り無い中、アングルをどうしようか考えているうちに、遠くで踏切の鳴動音。あれよあれよといううちに接近し、慌ててカメラを構えますが時既に遅し。

顔が、顔が切れたぁ・・・(>_<)ビエェェェェーーーー


後追いがあるのが唯一の救いですが、肝心の最重要目標でもろくも大失敗。速攻でメモリーから削除して、傷心のまま車に乗って次の予定場所に移動しました。

この記事へのコメント

2007年05月06日 21:01
こんばんは・・・顔が切れたのは、大ショックでしたね~。解ります・・・その気持ち・・(-.-)私もよく顔半分チョン切れる事多いですから^^;
赤い砂兎
2007年05月07日 21:13
初めて走行写真を撮るようになった頃はよくやったもんですけどねぇ。

こういうのって、"いざ"って時にやるもので、前にもほぼ最後に東北本線にやってきたユーロライナーでやらかしたことがあります。あ~あ。

この記事へのトラックバック

  • 信越線 新井・直江津-新潟 快速「くびき野」号 グリーン車

    Excerpt:  新潟県内の信越線を走る快速「くびき野」号。快速列車ですが、停車駅は特急列車並みという俊足な列車であります。  新井と新潟の間を1日3往復と少ないですが、新潟方面へは午前に2本あり新潟へ向かうに.. Weblog: グリーン車 アッパークラス体験記 racked: 2007-05-14 14:55