プレッソ用にPCーGPSを購入

2台目の車とは言え、それなりに遠出に使うし高速道路も走る。となると、ETCは必須です。こちらはとりあえず高速道路会社のキャンペーンで手に入れる予定で、カード申し込みをやったところ。問題は、ナビをどうするかです。

別に紙の地図で構わないのですが、例えば撮影地を探して彷徨うことを考えると、位置情報を地図上で見たいとなるわけで、GPSが欲しくなります。安い物としてはポータブルナビで一向に構わないのですが、さらに安く手に入れる方法として、PCナビにすることにしました。

以前、CASSIOPEIA FIVA 102S + IO-DATA CFGPSの組み合わせでPCナビをやっていたことがありました。FIVAは壊れ、CFGPSは数年前に誰かにあげちゃったのでもうありません。

しかし、手もとには富士通のタブレットPC、LOOX U50WINがあるし、その当時使っていたシガレットライターから電源を取るトランスも捨てずに持っていましたから、GPSユニットを買えばそのまま使えるはずです。ただ、ソケットにガタがあって接触が不安定なので、バッテリー頼りの運用になるかもしれない。

ということで、今回はSiRF StarIIIというチップを使った、コメットUSB/3という物を買ってみました。Super Mapple Ver8のアップグレード版付きで送料込み約1.9万円でした。もうちょっと出せば安いポータブルナビが買えるのですがね。

問題は、PCの固定方法ですが、オートバックスでCARMATEのすべり止めシートを買って、ダッシュボードに置くことにしました。試しに走ってみましたが、微動もせずに使えました。

画像


中央先端部分にGPSアンテナを置いてます。この場所じゃないと磁石でくっつかなかった。LCDを手前側に回転させて、角度も左右自由に動かせるのは、タブレットPCのメリットですね。ダッシュボードは傾斜しているのですが、このままで走れました。一方足元は

画像


シガーライターから電源を取るトランスと、PCのACアダプターとケーブルが乱舞してます。灰皿の前にはMPIOを置いてます。

さて、ナビゲーションとしての使い勝手ですが、以前使っていたZENRINの地図と比べて、Mappleの方は若干使いにくい印象ですが、設定を色々といじって普通に使えるようにはしました。しかし、一つ大きな問題が。

画像


スクリーンキャプチャしたままリサイズしていないのですが、自車位置を示すポインタが小さくて、じっと見ないとどこにあるのか分からない。周囲に何もない所ならまだしも、まわりがごちゃごちゃしていると、全く分からなくなってしまう。この大きさを変える方法ってないのかな?

せめて、ポインタを囲む円が目立つ色ならいいけど、黒の細い破線では全然見えない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック