嵐山・高雄パークウェイ

関西に転勤になって、少しずつ関西地方のワインディングロードも走っていますが、有料ワインディングのうち京都の嵐山・高雄パークウェイはいつどうやって行こうか悩みどころでした。

何しろ、場所が場所だけに土曜休日に行けば渋滞にはまりに行くようなもの。どうせ走るならオープンでと思うものの、オープンで気持ちのいい季節になればなおさら。ということで、梅雨の中休みを狙って有休をとって走りに行くことにしました。

しかし、残念ながら空は雲が多く展望は望めず、素通りしました。とはいえ、先行車に追いつくことなく実に快適に走れました。道路は適度なカーブと急すぎない勾配で楽しかった。ただ、妙にカーブの曲率が読みにくかった。何でだったのだろう。

画像


この後、出口料金所手前でナビをセットして行ったことがない大覚寺に行くことにしました。大覚寺といえば大覚寺統と持明院統で天皇を争った王統の一方に名前を残す寺。大覚寺統の一人、後醍醐天皇ゆかりの町出身ですから一度は行ってみたかった。

画像


この後、セット券にして祇王寺に歩いて行きましたが、結構離れていたのね。鄙びた感じがなかなか良かった。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック