トヨタ5ナンバーセダン販売数

カローラの3ナンバー化?という記事が増えてきたので、twitterでネタにしていましたが。ネットで調べられる範囲で今年度2018年のトヨタの5ナンバーセダンの販売台数を並べてみた。

対象は、カローラ・アクシオとプレミオ、アリオンの3車種です。ただ、カーアンドドライバー誌を購読していれば何の問題もないのだけど、自販連サイトとcar viewサイトから引っ張っているので、アリオンの販売台数が全く分からない。

カローラプレミオアリオン
2018/11850822未満822未満
2018/22210903832未満
2018/3308013251089未満
2018/42180782572未満
2018/51890829614未満
2018/625901185749未満
2018/727401053651未満
2018/81970707571未満


アリオンの台数が分からないのはネックですが、全部足しても5000台/月に満たないのだから、評論家が「カローラは日本を見捨てた」と言ったところで、ユーザーがカローラを含む5ナンバーセダンを選ばないのだからどうにもなるまい。2~8月のカローラ・フィールダーの方は、4060, 5610, 3610, 3610, 3890, 4610、3320だから、セダン3車種の合計と同じくらいになる。アクシオとフィールダーの購入者平均年齢はそれぞれ70才と60才でフィールダーの方が10才若いのと、30才前後の世代にも売れているらしいので、こっちは3ナンバー化への抵抗感は少なかろうな。

それに、アメリカで売っているヴィッツ(ヤリス)ベースのセダンだって、プラッツ、ベルタを経て3代目はデミオのOEMになってるし。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック