紀泉高原スカイラインを走る

ちと肌寒いのと、時折晴れ間は出るけどどうも微妙な天気。

ということで遠出は避けて近場のワインディングにでかけることにしました。でも、意外と近場というといいところを知らない。てなわけで86ユーザーでもないのに「86 SOCIETY」のサイトを参考にして、和泉葛城山に向かう紀泉高原スカイラインに行ってみることにしました。

場所としては大阪府と和歌山県の府県境にほぼ沿った場所の和歌山県側です。南側から入って葛城山の展望台まで走りました。当該サイトの感想にもあるけど路面が荒れ気味ですが、中低速コーナーの続く道はコーナリング性能のいい車だと楽しそう。今回は3クーペにしたので、車が重くて走り心地はいまいち。やっぱり直6は頭が重い。V6のフェアレディZの方が遥かに軽快に走れる印象です。3クーペややっぱりスポーツカーじゃなくてGTカーだよなぁという認識を新たにした。

道路に戻ると、路面は少し荒れ気味とはいえ走る分には快適なのだけど、両方の路肩に枯葉がたまっている上に雨で濡れていたので下手にそこに乗るとタイヤが滑る。なので、実質的な走行ラインが狭くて2車線分の幅はある道路だけど、対向車が来るとちょっとつらい。幸い来なかったけど。

紀泉高原スカイライン.jpg

途中の粉河の展望台は素通りして終点の展望台に行ってみた。しかし、展望台は落書きだらけ。これはちと酷い。気を取り直して螺旋階段を上りました。ちょっと霞んでしまっているけど関西空港も何とか見えた。

IMG20_8224.jpg

IMG20_8226.jpg

この後、岸和田に抜ける林道を走って帰りました。こっちは道幅はすれ違いに気を遣うくらいに狭い道で、なぜか、こっちでは何度も対向車と出会いました。

この記事へのコメント