富士24時間レース観戦

新型コロナウィルスの影響で軒並み延期されていたモータースポーツ。7月から順次開催されるようになったけれど、8月末のスーパーフォーミュラ開幕戦でやっと観客を入れたレースができるまでは全て無観客。その中で、富士24時間も5000人限定ながら観客を入れて開催されるので、チケット発売開始すぐのタイミングで購入しました。

直前までは猛暑と晴れの日が続いていたけれど、こんなタイミングで台風2個が日本に接近してしまい、18時を前に雨が降り始めてしまいました。
13コーナーにいたけれど、雨のセーフティーカーに合わせてオリヅルに夕食を取りに行ったのだけど、その間に赤旗中断になってしまいました。キャンプするわけでもなく夜は御殿場市内に取れたホテルで寝る予定なので、問題はいつまでいるかです。

19時過ぎまでグラスタで場内実況を聞くなどして過ごしていましたが、20時30分までは再開しないとの放送があり、(お尻が痛いので)とりあえず車の中で過ごそうと場内シャトルバスに乗っていると、花火があがっていました。本当にこの時間帯だけ雨が上がっていた。で、車の中で場内実況を聞いていると、今度は21時半までは再開しないとの放送。となると22時過ぎてしまうし、予報を見るとどうもその時間帯でもあやしい。と判断して、この時点でホテルに引き上げることにしました。

ホテルへの道は前が見えないような豪雨で、そりゃレースは無理だわと思えるくらいでした。というか、怖かった。Jsportsオンデマンドで確認すると22時半過ぎにSCスタートで再開したようです。オンデマンドで振り返り視聴していますが、夜が明けるくらいまでずっと降っていたようですね。

朝はサーキットには8時半ごろに入りましたが、このころには路面はかなり乾いていて、日差しもあり、このまま晴れるかなと思いきや、青空が出たり雨が降ったりの繰り返しでした。昼前にはウォータースクリーンが上がるほどの雨になって、昨晩と同様にオリヅルに避難して昼食にしました。(笑)

幸い15時のチェッカーまでは大きく天気が崩れることはなく、無事にチェッカーを迎えましたが、15時半過ぎにサーキットを後にすると、再び大雨が降りだして、高速道路も含めて断続的な大雨でちょっと怖かった。

P201450617.jpg

P201450867.jpg

P201460316.jpg

P201460556.jpg

この記事へのコメント