山陰海岸ジオパークドライブ1 神鍋火山火口

週末はそれなりに晴れ間が出そうだったので、以前から計画していた(二度目)の玄武洞に行くことにしました。

とは言え単純往復では面白くないので、竹野の海岸を通る但馬漁火ラインを走ってから玄武洞に入ることにしました。それに、玄武洞の各洞窟はほぼ西を向いているので、午前中に行っても影になるだけですし。ということで、ドライブコースを検討した結果、北近畿豊岡道を降りる頃には昼前なので、まずは道の駅神鍋高原で早めの昼食にしてから日本海に抜けることにしました。

事前の調査無に行ったので、神鍋火山自体は道の駅のすぐ傍なのを現地で知ったので、火口まで歩くことにしました。山の高さのわりには大きな火口です。今となっては知らずに見れば大きな窪みの草地にしか見えませんが。

P20A180349.jpg

P20A180354.jpg

火口の周りをぐるっと一周しましたが、火口は1個だけではなく、2つの火口が近接しているみたいですね。

P20A180348.jpg

三角形の神鍋神社。石は火成岩かな。

ここからは、兵庫県道1号線で一路但馬漁火ラインを目指しました。この道を走ることも当初の目的の一つでした。

この記事へのコメント